1-O 16千人と560の市役所が「コラボレーション」することが明らかに

州営放送TV3のインタビュー番組に出演したカルラス・プッチダモン州知事は7日、現在16千人のボランティアと560の市役所が州の独立を問う住民投票、通称「1-O」に参加することを明らかにした。

 

番組によると、自治体としては984自治体が参加、中央政府からの「脅し」にも関わらずこの数の自治体が参加を表明したことを歓迎するとのこと。

 

投票に使われる予定の投票用紙

fotonoticia_20170907214542_260

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。