バルセロナ国際空港セキュリティチェック担当企業EULENが10月にも再ストライキ

エル・プラット・バルセロナ国際空港のセキュリティチェックを担当する企業EULENは4日、9月8日に一時ストライキを中止し、10月6日から新たにストライキを行うことを発表したことが分かった。   ストライキを行っている労働者組合当局は4日、エル・プラット経済プロモーションセンターで会合を開き、企業側との仲裁裁定内容を稟議。 ストライキ続行を決める投票で、全会一致の115票賛成でストライキ続行が決まった。   EULEN労働者組合は、月200ユーロの昇給を求めており、州政府、AENA(航空管制公団)、EULENの間で交渉が続いている。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。