シャキーラに脱税容疑か

コロンビア出身シンガーソングライター”シャキーラ”に対し、バルセロナ検察当局は脱税容疑で出廷を命令することを視野に入れていることが分かった。 ヨーロッパプレスが22日報じた。
PR


この件に関して、スペイン検察庁は既に去年12月に2011年~2014年の間、シャキーラの脱税に関する捜査を行っている。

報道によると、シャキーラは租税回避地に1年間に6か月以上滞在していたとされているが、公になっている情報では、それはあり得ないと、検察当局情報筋が語っているとのこと。

シャキーラは2011年から2014年まで、スペイン国外の租税回避地に住所を登録しており、2015年にスペインに変更していた。 この期間実質的な活動を行っていたスペインでの滞在期間により、政府に対する納税義務が発生していたかどうかが捜査の焦点となる。

ソース
La Fiscalía citará a Shakira por delito fiscal aunque todavía no hay fecha

あわせて読みたい

コメントを残す