JxCATとERC 議会執行委員会メンバーと次期州首相をカルラス・プッチダモン被告で合意へ

カタルーニャ独立派”一緒にカタルーニャのために党”(JxCAT)と同じく独立派のカタルーニャ共和主義左翼(ERC)の間で1月17日に行われる州議会で議会執行委員会メンバーおよび次期州首相候補にカルラス・プッチダモン被告で合意したことが分かった。
PR


ヨーロッパプレスの報道によると10日、カタルーニャ共和主義左翼(ERC)ナンバー2マルタ・ロビラ幹事長はベルギーに渡航、カルラス・プッチダモン前州首相被告と夕食を取り執行委員会メンバーと次期州首相候補に関して合意したとのこと。

ただ、これはマルタ・ロビラ幹事長が単独で行った交渉とみられており、ERC党内でもどのように州首相が所信演説などを行うか説明を求めているほか、ビデオチャットで外国から議会に出席することに関して、疑問視する声も上がっている。 

州議会議長および執行委員会メンバーの選出は1月17日11時から開始。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください