1-O 治安警察がカタルーニャ州政府内高官の通話記録を一部開示 「どんな馬鹿でも独立宣言できないことくらいわかる。」

hacienda
ヨーロッパプレスが報じたところによると、中央政府治安警察が、カタルーニャ州政府高官らの通話記録の一部を開示、その中で「どんな馬鹿でも独立宣言できないことくらいはわかる。」と会話していたことが分かった。
PR



ヨーロッパプレスが報じた通話記録は、今年8月30日17時前のもので、カタルーニャ州財務秘書ジョセップ・ルイス・サルバドと、カタルーニャ州政府機関普及に関する特別顧問ラウル・ムルシア・トバロとの間の会話で、サルバドがこの後カタルーニャ州官僚調整総局長エルサ・アルタディ・イ・ビラに現在の進捗状況を報告する状況。

ジョセップがラウルに電話をかける

ジョセップ 「今朝話した州首相府の件なんだけど。」

ラウル 「ちょっと待って声超小さい。 いまサン・ビセンスにいる。」

ジョセップ 「サン・ビセンスにいるのか、オリオル(副州首相)と一緒?」

ラウル 「そう。」

ジョセップ 「そう、じゃぁ彼につなげて、いまペレと一緒にいるんだけど、重要な問題を抱えていてね。」

ラウル 「OK、で、問題って何? 今説明できる?」
PR



ジョセップ 「あぁ。いまね。 州首相がパティオ(経済の運営状況など)の状況をエルサに説明するようにこっちに寄越したんだよ。」

ラウル 「あぁ。 今日俺に説明したやつね。」

ジョセップ 「そう。だから。今ここにパティオがあるんだけど、10月の状況(当時から約1か月後の状況)だとできないんだ。 税関のコントロールに、お金を入れておく銀行もない。。。つまり、状況的に、ダメなんだ。とても早すぎる。 だから、どんなに馬鹿でもそれが分かるんだよ。 だからさ、この現実をエルサに報告すると(考えるだけで)パニックになるんだ。 マスとかいろいろな人が話してるのを聞いていると、ジュンケラスが10月2日に(違法な住民投票の翌日)独立を宣言するために準備をしていないと言えないよ。」
ラウル 「そうか。」

ジョセップ 「で、もし正直に現実をきちんと説明すれば最終的にはジュンケラスが問題であることが知れ渡る。」
PR



ラウル 「あぁ。 でエルサとは、会議を遅らせるとか、準備する時間がなかったとか、明日やるとかできないの?」

ジョセップ 「もう少しで来ちゃうし。」

ラウル 「18時って言ってたね。」

ジョセップ 「説明をはぐらかすことはできる。 でも俺たちが説明しなかったら他の奴が説明するでしょ。 ジュンケラスは何もやってないって。 でも俺たちが説明したら危険があるし。」

ジョセップ 「もしみんなが俺たちは準備ができていると思い込んでいて、誰も(理解不能な発言)と言えず、10月2日に俺たちがいるべき状況ではないと誰かが考え(準備ができていないと考え)、州経済相の準備ができていないという事実を述べたら、結果的にジュンケラスのせいになる。」

ラウル 「あぁ。」

ジョセップ 「もし俺たちが同じように忠誠を誓ったチームだったら問題はないんだが。 でもそうではないことは知ってるよな。」

ラウル  「そうそうそうそう、いうなれば俺たちは同じレベル(立場)で動いていないよ。」

ジョセップ 「わかんね、わかんね。」
PR



ラウル 「もうすでに彼に説明したよ、もうちょっと緊急にしてくれって、ちょうどいま話していたところなんだ。 彼女にもうちょっと時間をくれって。 そして(理解不能な発言)明日。でどうすべきか考えて報告しよう。 俺は、今、できることと言ったら彼にコメントをすることだ。 今彼と一緒にいるから。 今俺に行ったことを彼に報告して折り返し電話するよ。」

ジョセップ 「OK、とりあえず解決法としては明日に伸ばすと。。。。」

ラウル 「応急処置だね。」

ジョセップ 「何の解決にもならない。」

ラウル 「そう、そう、そう。 引き延ばすだけの応急処置。」

ジョセップ 「結局ここに問題が残る。 とても深いテーマの。 いつか誰かがこの現実世界でのふざけた(puto)(独立)プロセスに興味を持つ。」

ラウル 「あぁ。 でいまペレと一緒なんでしょ?」

ジョセップ 「そう。 いまペレと一緒で18時にエルサが来る。」

ラウル 「OK、ジョベと一緒にコメントして、彼は彼女が何を要求(状況の報告要求)したのか知らなかったって言った。」

ジョセップ 「ざけんな(coño)、Telegramを使ってペレと俺に州首相の指示に従ってエルサが情報を要求しに来るって連絡が来てんじゃん。」

ラウル 「うーんとじゃぁそれか、メッセージの意味が分かんなかったって。 上司と相談させて、折り返し電話するから。」
PR


ジョセップ 「理解できないことがある。  俺たちはマジどこにいるのか、全員が同じ情報をもって、現実に起こっていることを理解して、足並みをそろえて同じ時間で進んでいって、知る必要がある。 だって、苦労するのは、、、、まぁいいやどうでも。 長い話になるし、今はその時じゃないし、ワカンネ。 今俺ができることは彼女にとても慎重になることだ。 非常に慎重になるよう努める。 輸出入のことに関して証拠を探そう。 欧州関係の状況でどこを知っておくべきか。 今日、エルサに州経済省代表として、これとこれはできないと直接言おう。 でもそれは言うことはできない。 いうことはできない、なぜなら反対勢力がそれを逆手に取るだろうから。 そうだな。 いつか、俺たちは一丸となって目覚めなければならないし、それはこの数か月間に起こっていなければならなかった(目覚めていなければならなかった)。 しかも昨日オリオルと話すことができなかった。。。まぁ、そうするよう努めるよ、めまいを起こさせて報告。

ラウル 「その選択はいいと思う。 Dデーに関する仮説を言えば、彼らは我々を非難できる「ジュンケラスは何もしなかった」ってね。 俺たちはいつでも外に出て発言することができる。いや。そうしたんだよ。 ただ、証拠が十分な情報があってそれはデリケートだったんだ。 ひょっとしたら本当かもしれない。だからすべての情報の裏付けをとるまで説明をしなかったんだ。 そして来るべきDデーに、俺たちに「なんだ!何もやっていないじゃないか!」っていうと思う。。。そしたら簡単さ。 外に出て言うんだ。「ほら見ろ、俺たちはやっていた。 ただ、あの時、まだ終わっていないことに関しての情報を求めたんだ。 すべて合っていなかったから、言わなかったんだ。とね。」

ジョセップ 「コメントしてくれ。 オリオルにメッセージを届けるようにしてくれ。 どうするかわかったら電話をくれ。 そうじゃなかったらどうにかするさ。」

ラウル 「10分前には電話する いま彼に説明するよ。。。。俺たち二人仲間だよな?」

ジョセップ 「うんうん。 俺たちは仲間だ。」

ラウル 「OK、パーフェクト。」

抄訳
PR



州内でも独立を進めるていく組織間でかなりの温度差があることが分かり、対立があることが分かる。 なんにしても、8月末の地点で全く準備ができておらず、組織内での情報伝達に関する透明性は政府高官ですら低かった模様。

ソース
Grabación alto cargo de Junqueras: cualquiera con dos dedos de cerebro sabe que no se puede proclamar la independencia

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年3月10日

    […] スペイン地元テレビアンテナ3の人気報道番組「エスペホ・プブリコ」が報じたところによると、カタルーニャ州独立運動の中心人物のひとりであったカタルーニャ州財務省長官ルイス・サルバドとカタルーニャ州南部デルタ地帯の自治体サン・カルラス・デ・ラ・ラーピタ市長の電話によるやり取りが公開され、その中で「(次期州教育相は)一番巨乳のでいい。」と発言していたことが明らかになった。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

コメントを残す