1-O 憲法裁判所月曜のカタルーニャ州議会開催を中止命令

憲法裁判所は5日、特別緊急会議を開催し、来週月曜日に予定されていた違法な住民投票の結果を発表するための州議会を中止するよう命令したことが分かった。 



今回の憲法裁判所特別緊急会議は、カタルーニャ州社会労働党(PSC)が憲法裁判所に申し立てを行ったもので、憲法裁判所組織法(LOTC)56.6条に基づき、憲法裁判所は州議会に議会の中止(もしくは一時中止)の命令を下した。

これにより、検察当局が州議会に通達してから5日間は州議会は9日予定されていた議会を開催することができなくなる。

この決定により、9日予定されていた州議会で1日の投票結果の公表、それに基づく48時間以内に発表されるとする「一方的な独立宣言」はPSCの訴えにより先延ばし、もしくは中止されることになったが、もしこの憲法裁判所からの命令を無視した場合、LOTC87.1条に基づき、フォルカデイ議長以下執行役員全員の役職が凍結される。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。