1-O カイシャ・バンク「必要な時に必要な決定を下す必要がある。」

バルセロナに本社を置くカイシャ・バンクは5日、「必要な時に必要な決定を下すだろう。」と語り、顧客、株主、労働者の利益になるようあらゆる判断を下す構えがあることが、ヨーロッパプレスが同銀行の情報筋に得た情報により分かった。



10月9日以降、一方的な独立宣言を行うとされるカタルーニャ州では、大企業を含む多くの企業が登記上の本社住所の移転を検討しており、アンテナ3の報道によると、行政書士への問い合わせはこの3日ほどで急増しているとのこと。

カイシャ・バンクはカタルーニャ州の独立問題でこの3日間で3%株価を下げている。

一方、カタルーニャ州からバレンシア州に本社住所を移すと決定したサバデイ銀行は本日この決定を評価され今日だけで5%株価を上げている。

あわせて読みたい

コメントを残す