1-O スペイン社会労働党(PSOE)が会見「冷静に」「ラホイ首相は州政府の不服従を克服した。」

スペイン社会労働党(PSOE)組織長官ホセ・ルイス・アバロスは1日、カタルーニャ州で行われている独立を問う違法な住民投票に関して会見を開き、冷静さを保つよう呼びかけた。



会見の中でアバロスは「今日は民主主義にとって悲しい日となった。 我々が今体験している、そして世界が見ている今の状況は我々としては好まざるものだ。」と語った。

また、アバロスは「カタルーニャ州政府によって挿入された不服従に対し、マリアノ・ラホイ首相はそれを克服した。」と発言。

アバロスはさらに今回のカタルーニャ州の状況に対し、「恥ずかしさと悲しさ」と表現し、このような事態になったのは、カタルーニャ州政府の政治的失敗と対話の失敗であると指摘。 政治が安全と(他民族間の)共存を危機に陥れたと語った。

PSOEは第二の責任者として、マリアノ・ラホイ首相率いる政府であるとし、カタルーニャ州が本日このような状況になったのは、数年前から分かっていたにもかかわらずなんら行動しなかったところにあるとした。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。