カルレス・プッチダモン州知事 州内各自治体に対し公共施設を投票所として開放するよう要請 返事は48時間以内

9月6日に州議会で決定した、10月1日に実施されるカタルーニャ州の独立を問う住民投票に関し、カルレス・プッチダモン州知事は7日、州内の各自治体市役所に対し核施設を投票所として開放するよう要請する公式文書を送付、48時間以内に返事をするよう発表したことが分かった。

 

カルレス・プッチダモン州知事とオリオル・ジュンケラス州副知事により署名された法令によると、カタルーニャ州の独立を問う住民投票の実施決定に基づき、バルセロナ市を含む各自治体に対し投票所として施設の解放を求めている。 また、この法令に従うか従わないか、もしくは代替案などを48時間以内に公表するよう求めた。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。