シベリア大陸横断飛行ルート週7便を解放 バルセロナ-東京直通便の可能性も

スペイン現地メディア”ラ・バングアルディア”が報じたところによると16日、昨年12月にスペインとロシア間でシベリア大陸の飛行ルートに関して大幅な規制緩和が行われたことが分かった。
PR


これは15日にイニィエゴ・デ・ラ・セルナ勧業相が下院議会で2018年-2020年国際運行プランを発表、カタルーニャ共和主義左翼(ERC)のテレサ・ジョルダ・イ・ロウラ議員が質問し、同勧業省がロシアと合意に至ったことを公表した。

この合意により、現在までマドリード-東京間で週7便までだったシベリア大陸横断飛行ルートが、スペインの他の地点からも週7便分がシベリア大陸を飛行することができるようになる。
PR


これにより、エル・プラット・バルセロナ国際空港-東京間の直行便の可能性が高まった。 ANAやJALの他ノルウェーのLevelなど、直行便の運行に興味を示している航空会社は多く、また需要も十分あると見込まれている。

あわせて読みたい

コメントを残す