D-21 全国管区裁判所により拘留中のジュンケラス党首がラジオ番組に出演

ヨーロッパプレスの報道によると18日、反乱、扇動、公的資金横領などの容疑で全国管区裁判所より逮捕拘束されているカタルーニャ共和主義左翼(ERC)党首オリオル・ジュンケラス前カタルーニャ州副首相がラジオ局Rac1のインタビュー番組に出演、「私は決して逃げ隠れしない。 私は私の行動、決定、考えをよく理解している。」と発言したことが分かった。
PR


インタビュー番組に出演したジュンケラス党首は、12月21日の州議会選挙後、州首相投票に参加するため州議会に出席することができるだろうと言明したほか、拘置所内での健康状態は良好と発言した。

また、今までできていた、読み書きやスポーツをすることなど多くの事が拘置所内ではできないと指摘した。

独立を目指して「違法な住民投票」を実施、「一方的な独立宣言」を行ったカタルーニャ州議会に対し、スペイン中央政府は憲法155条適用を上院議会で可決。 州政府に介入した中央政府は州議会を解散し、12月21日に州議会選挙を実施する。
PR


現在までの世論調査では、オリオル・ジュンケラス前副首相が党首を務める独立派カタルーニャ共和主義左翼(ERC)と、中道右派で独立反対派の市民党が第一党を争っており、ブリュッセルに逃亡したカルラス・プッチダモン前州首相被告が所属するJxCATは支持率を減らしている。

この結果、カタルーニャ共和主義左翼(ERC)議員らはカルラス・プッチダモンがスペイン国内に入国すると即逮捕拘束となることから、州首相選出議会投票(Investidura)に参加することすらできないと指摘、オリオル・ジュンケラスを州首相に選出するとしており、独立派内でも対立が深まっている。

あわせて読みたい

コメントを残す