10-O カタルーニャ州独立宣言実況中継

州知事の独立宣言延期に落胆する人々。。。。

20時31分 「多くのスペイン人、欧州市民、カタルーニャ州市民が、州政府がクーデターを画策していることを見ている。」

20時28分 カタルーニャ国民党ハビエル・ガルシア・アルビオル党首

20時14分 「我々は今非常に重大な危機に瀕している。」

20時14分 カタルーニャ・シ・ケ・エス・ポット代表ルイス・ラベイ議員

20時07分 「貴方は私たちが許容することができない不安定さを生み出している。」

20時04分 「38.47%(賛成票)はカタルーニャ州住民(全部の意見)ではない。 少数派は多数派の反対意見としてはならない。」

20時02分 「(1-Oは)違法行為であった。」

20時01分 「政府機関を違法の元に置くことの結果と被害を考えるべきだ。」

19時59分 カタルーニャ州社会労働党ミケル・イセタ党首が声明発表開始

19時49分 「プッチ・ダモン州知事、貴方は孤独だ。 ヨーロッパの誰も貴方を応援していない。」

19時48分 「貴方は(生まれてくる)世紀と場所を間違えた。」

19時45分 「貴方はヨーロッパで最悪のナショナリストだ。」

19時43分 「これはクーデターが発表されたという歴史だ。」

19時43分 カタルーニャ州市民党イネス・アリマダス党首が発言開始

19時41分 プッチ・ダモン州知事の声明終了

19時39分 「私は全ての責任に訴える。 スペイン中央政府は調停を受けるよう求める。」

19時38分 「私はカタルーニャが独立国家となる指揮を執る。」

19時36分 「投票箱は独立に賛成と言った。 そしてそれは私が通過することを望んだ道だ。」

19時35分 「我々はスペイン人に反対するものは何も持っていない。 お互いの関係は機能せず、状況を改善することを何もしなかった。」

19時35分 「憲法の向こう側に民主主義がある。」

19時35分 「1-Oの投票の結果の後、カタルーニャ州は独立国家となる尊厳を得た。」

19時34分 「私は世界の報道機関がどのように報道しているか、わかっている。」「私たちは犯罪者でもなく、狂言者でもなく、クーデターをしているのでもなく、拉致されているわけでもない。 私たちは投票を求める普通の人だ。」

19時33分 「みんな、ヨーロッパでもっとも最も大規模で平和的な運動の指導者が扇動の犯罪者として嫌疑がかけられていることを知るべきだ。」

19時31分 カタルーニャ州の中央政府への提案に関して「答えは、カタルーニャ州機関への迫害を含み、絶対的に拒否されてきた。」
PR



19時28分 「広範で横断的なコンセンサスは未来が何であれ、我々は住民投票を通じてカタルーニャ人が決定しなければならなかった。」

19時27分 「中央政府は最初のカットでは十分ではなかった。 2010年憲法裁判所は2度目の判決を下した。」

19時25分 「2005年、憲法で定められた手続きに従い、この州議会の88%の承認を得て、新自治憲章が制定されたものの、カタルーニャ恐怖につながった。」

19時23分 「フランコ死後、カタルーニャ州はスペインの経済的なエンジンであり、近代化と安定を提供してきた。」
PR



19時22分 企業の脱出に関して「我々の真の経済より、市場への影響の方が大きい。」

19時21分 「中央政府の行為はカタルーニャ州に圧力をかけることに成功した。 私は市民らが何が起こっているか多くの人が心配していることを非常に認識している。」

19時20分 「1-Oは「賛成派」「反対派」「白票」全ての人が一粒の砂として投票できるものだった。」

19時19分 「今日私が伝えるのは、個人的な意思や誰かの狂気ではなく、1-Oの結果です。」

19時17分 「投票日に警察の介入があったのは初めての事だった。」
 
19時16分 「この数日私のところに多くのするべきことの多くの提案が来た。」

19時15分 「私たちは全員と合意をすることはできませんが、前進する道は民主主義と平和以外ないことを理解している。」

19時14分 州知事が声明を開始 「本日私は州住民を代表してここにいる。」 

19時13分 カルメ・フォルカデイ議長が「本日カルラス・プッチダモン州知事が現在の政治的状況を説明するための声明のみとして州議会を始める。

19時11分 州議会始まる

19時09分 CUPが遅れて着席

 PR


19時07分 CUP以外全員着席

19時04分 カルラス・プッチダモン州知事が着席 ジュンツ・パル・シィ党議員も着席。

19時03分 独立反対派が着席。

18時50分 州知事がジュンツ・パル・シィ党議員と他の会議室へ。

18時43分 報道官会議は国民党・市民党から提出された州議会中止に関する議題に関しても決定しなければならない。

18時35分 ラ・バングアルディアによると、州議会の遅れは人民統一候補(CUP)の「一方的な独立宣言」ですぐに国境警備や州警察などの司法根拠移転を行うなどの国家運営を行う「宣言」を求めているのと、PedCatらの国家運営を批准させるのを先延ばしにするという意見で割れているため。

中央政府は、独立宣言を行った場合、憲法155条を含むすべての方法で自治権を一時的に剥奪するとしている。
PR



18時30分 カルメ・フォルカデイ議長が急遽報道官会議を行うと発表。

18時26分 独立推進組織カタルーニャ国民会議(ANC)ジョルディ・サンチェス会長は、今晩の声明は、国際的な仲裁を求め対話を行うことを求めることが中心となると説明。

18時26分 10月1日の違法な住民投票から、州政府と中央政府の仲裁役をかって出たのはスイス、バルセロナ弁護士会など。 州政府はマリアノ・ラホイ首相と対話実現に期待していた。

18時24分 ジェイダ県の市民は巨大なスクリーンで、プッチ・ダモン州知事の発言を見守る。

18時20分 州政府情報筋によると、カルラス・プッチダモン州知事は国際的な仲裁役から連絡が入ったとのこと。

18時12分 州議会での議題は2つ、国民党・市民党からの州議会の中止。 もう一つはプッチ・ダモン州知事の10月1日に行われた違法な住民投票の投票結果。 TV3の報道によると、州議会は1時間遅れで始まるとのこと。
PR



18時09分 プッチ・ダモン州知事が「一方的な独立宣言」を行うとされる州議会は現在最後の調整のため遅れている。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。