1-O 治安警察がANCとÒmnium Culturalの口座を凍結するよう要請していたことが明らかに

ヨーロッパプレスの報道によると、中央政府治安警察は5日、カタルーニャ州の独立を推進する組織カタルーニャ国民会議(ANC)とÒmnium Culturalの銀行口座を凍結するよう、スペイン全国管区裁判所に要請していたことが明らかになった。
PR



治安警察は9月20日と21日にバルセロナ市内を中心としたカタルーニャ州の独立を問う違法な住民投票を阻止するため、州政府関連機関を中心に一斉検挙を行った。 その際に押収された証拠から、カタルーニャ州の独立に関し、実行グループと戦略グループに分かれていることが分かった。

実行グループは、戦略グループが描いた計画を実行していくというもので、治安警察が全国管区裁判所(以下AN)に報告したところによると、州政府経済省執務長官で服州知事の右腕とされるジョセップ・マリア・ジョベほか、自治州警察(モススダエスクアドロ)のジョセップ・ルイス・トラペロ長官であると指摘されている。(治安警察はトラペロ長官の逮捕を要請している。)

一方戦略グループとしては、州知事、副州知事、州政府内閣、独立派政党報道官、ANCとOmnium、AMI(自治体独立委員会)の会長および副会長であると指摘。 これらは独立への戦略および資金調達の役割を行っているとみられている。

これを受け、治安警察は今回AN対し、独立運動の資金源であるとされるANCとOmniumの銀行口座凍結および、両組織の銀行口座の動きなどを調べるよう要請した。

ANCとOmniumの会長ら二人およびトラペロ長官は現在「扇動」の容疑で書類送検されている。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。