イタリア当局がカルラス・プッチダモン欧州議会議員を釈放 10月4日に出頭命令

スペイン地元メディアの報道によると24日、スペインから逃亡中で欧州議会議員の元カタルーニャ州首相カルラス・プッチダモン被告が、昨晩イタリアのセルデーニャ島で行われたイベントに参加しようとしたところ、イタリア当局により逮捕拘束されたが、すぐに釈放されたことが分かった。

スペイン最高裁判所は2017年10月1日(通称1-O)に行われた、カタルーニャ州の独立を問う違法な住民投票実施等に関して、扇動、公的資金横領などの容疑で逮捕状を出しており、昨晩この要請によりイタリア当局が同被告を逮捕、拘束していた。 

これを受け、スペイン最高裁判所はすぐに欧州逮捕状を送付し、スペインへの身柄受け渡しを要請。

一方、イタリア当局は「同氏は欧州議会議員として議員特権があり、これは触れられていない。 したがって、欧州議会に出席するために自由に欧州内を移動する権利を有している」とし、同被告の即時釈放を決定した。

しかしながら、スペインへの身柄引き渡しの判断を決定するため、10月4日11時30分にイタリア当局への出頭を命じた。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください