スペイン 明日から熱波 ところにより40度越え 来週月曜日まで

スペイン気象庁(AEMET)は10日、明日水曜日から来週月曜日まで、カンタブリア州とガリシア州を除くスペイン全土で熱波が襲来すると警報を発令、ところにより40度を超えることが分かった。

報道によると、今週イベリア半島とバレアレス諸島に、北アフリカから熱波が到来し、段階的に気温が上昇、最高気温、最低気温ともに例年より熱くなる見込み。 ただ、カンタブリア州とガリシア州の多くの地域では、この熱波の影響は受けないだろうと予想されている。

予報によると、明日水曜日からイベリア半島中南部で35度を超える見込み。 とくに Guadalquivirでは40度を超える予想。

木曜日から日曜日にかけて、多くの地域で35度以上となる見込みで、スペイン中南部地域で40度を超え、エブロ地域では42℃から44℃となると予想している。

熱波の到来に伴い、サハラ砂漠の砂もスペインに到達すると見られている。

また、AEMETによると、木曜日まで熱波の侵入により、ところにより天気が荒れると警告。 強い風を伴った雨も降る可能性があるとのこと。

金曜日からはカナリアス諸島でも熱波の影響を受け始め、日曜日、月曜日と気温が高い状態が続く予報となっている。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください