スペイン コロナウイルス ドイツ外務大臣がカタルーニャ州、アラゴン州、ナバーラ州への渡航自粛を要請

地元メディアの報道によると28日、ドイツの外務大臣がスペインのカタルーニャ州、アラゴン州、ナバーラ州への渡航をドイツ国民に自粛するよう呼びかけたことが分かった。

ドイツのハイコ・マース外務大臣は今週火曜日にスペインのアラゴン州、カタルーニャ州、ナバーラ州への不要不急以外の渡航を自粛するよう呼び掛けた。

このほかイギリスも、スペインからの帰国者に対し14日間の自宅隔離を命じている。 このイギリスの対応に、スペインのサンチェス首相は、イビサ島や、アンダルシア州等は、自宅隔離措置を撤回してほしいと要請したが、イギリスはこれを認めず、引き続き帰国者に対し自宅隔離措置を講じている。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください