(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス  日産Zona Franca工場の労働者がゴミコンテナーやタイヤに放火 200人余りが抗議 州政府「閉鎖は簡単にはいかない」 市長「間違いを犯した」

日産がバルセロナ郊外にあるZona Franca工場の閉鎖発表を受け、労働者たち約200人余りが工場前でゴミコンテナーやタイヤに放火し抗議活動を行った。

日産は5月28日に労働者に対し同工場閉鎖を正式に通達。 これに対しカタルーニャ州政府カルメ・チャコン企業相は「(閉鎖は)簡単にはいかない。」と発言。 

スペイン中央政府も今回の決定に「残念な決定」と発表。 

また、バルセロナ市のアダ・コラウ市長は地元ラジオで「日産は世界的な問題に直面しているが、(バルセロナ工場を)閉鎖することは長期的な視点から見て有効ではない。」「バルセロナから出ていくということは、日産は間違いを犯すだろう。」「公的な援助を多く受け取っておきながら、このような形で出ていくことはできない。」等と語った。

(閉鎖は12月頃を目途)

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください