(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス 検察局14歳以上17歳以下の未成年が外出制限を2回破れば行政処分の可能性

本日から始まった13歳以下の児童に対する外出制限緩和措置に関してスペイン検察当局は26日、14歳以上17歳以下の未成年者が2回外出制限を守らなかった場合、行政処分を課す可能性があると発表したことが、地元メディアの報道により分かった。

ハビエル・ウエテ検察官は会見で「もし未成年が外に逃げてしまったら警察はどこにいるか探し、家に帰してあげる。 もしこれが始めてだったら、未成年者は理解するよう努めるだろう。 しかしもし何回も同じことをするようであれば、法律に対する違反として行政処分を課すだろう。」と話した。

ウエテ検察官は、「いずれにしても、実際は未成年者への行政処分は外出制限を守らず、更に重大な違法行為(公務執行妨害等)があったときに行政処分されるだろう。」発言した。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください