(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス  カタルーニャ州で無料マスク配布開始も関連システムがダウンし配布一時中止

地元メディアの報道によると、20日からカタルーニャ州で開始された薬局でのマスク無料配布で、多くの人が一度に無料配布を求めたため、販売システムがダウンし、無料マスクのほか、薬を販売できなくなったことが分かった。

カタルーニャ州政府は全体で1400万枚のマスクを配布すると決定、まず140万枚が本日より1週間薬局で配布されることになった。

無料マスクを受け取るには、保険証(Targeta de sanidad)の提示が求められ、州政府厚生省のデータベースと照合される。 しかしながら、一時間に約10万枚と、一度に多くの市民がマスクを求めたため、販売システムがダウンし、無料マスクのほか、薬などが販売できなくなってしまった。

現在システム復旧を行っており、復旧が何時になるかは明らかになっていない。 そのため、薬局は復旧するまで店の外で待つのではなく、自宅で待機するようSNSなどで呼び掛けた。

カタルーニャ州内の薬局は約3,227件。 最初の140万枚が配られたため、1件につき約450枚が配られている。

また、カタルーニャ州薬学会(FEFAC)アントニ・トーレス会長は、「マスクの使用時間は2時間から4時間であるが、市場にマスクが出まわっていないことを考えると、マスクは再利用できる(するべき)」と発言。 再利用する際は、プラスチックの袋ではなく、紙の封筒などに保管するよう要請、3日から4日間再利用できると報道された。 これは、報道によると、プラスチック上ではウイルスは3日間生き延びるが、紙の上であれば数時間で死滅するからだとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください