(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス  小麦粉爆売 196%増加

地元メディアの報道によると、4月に入ってから小麦粉の売り上げが195%増加していることが分かった。

スペイン農水省の発表によると、3月29日から4日までの一週間で、小麦粉の売り上げが196%増加、その前の週は147%増加していたことが分かった。

このほか、ナッツなどの乾果が15%増、板チョコ33%増、ビール58%増と、トイレットペーパー等の生活必需品から、嗜好品の需要が高まっている。 

地元メディアの報道では、小麦粉のほか、イースト菌などが数週間前に比べて200%以上も売り上げているのは、各家庭でパン、ケーキ等を手作りしているためではないかとのこと。

また、ネット販売AMAZONでも小麦粉が売れており、マドリード州、カタルーニャ州、アンダルシア州で販売が好調とのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください