(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス  自営業およびフリーランサーへの主な補助制度

地元メディア(cinco dias)が自営業者、フリーランサーへの補助制度をまとめていたので記述する。

コロナウイルス禍により収入が75%減少した自営業者、フリーランサーは所謂「自営業失業保険」を受け取ることができる。 これは、過去6か月間の平均収入に基づいて計算される。 これにより、約80%の自営業者が平均約660ユーロを受け取ることになる。  この自営業失業保険(Paro de los autónomos)を受け取るには、3月14日に政令が発布された時点で、社会保障(seguridad social)を払っており、自営業者特別制度(RETA)に登録されていなければいけない。

自営業者は社会保障費の支払いを延期することができる。 4月から6月に支払わなければいけない社員の社会保障を0.5%の利息で支払いを延期することができる。 また、5月、6月、7月の自営業者の社会保障費を利息なしで支払い延期することができる。

自分のビジネス閉鎖を余儀なくされた自営業者または起業家は年金救済プランを受け取ることができる。

コロナウイルス禍の影響を受けた自営業者の住宅ローンの支払いを3か月間停止することができる。 この際は、支払いを取りやめなければならない理由を証明付きで申請する必要がある。

コロナウイルス禍により廃業もしくは収入が75%減少した自営業者に対し、ガス、電気の支払いを6か月延長することができる。

コロナウイルスに感染した自営業者は労働災害とみなされ、病気休暇のための給付金を受け取ることができる。 毎日約23.61ユーロ。

スペイン中央政府は自営業および中小企業(PYMES)のローンに関するリスクの80%をカバーする一連の保証を発表。 これには10億ユーロが割り当てられており、資金繰りが悪化した自営業者、フリーランサーはすぐに銀行に行って資金調達をするべき。

(未決定)自営業者、中小企業が自治州政府もしくは地方自治体に対するローンの支払い延期。(未決定)

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください