スペイン コロナウイルス セビリアやカタルーニャ州などで感染確認 感染者12人に

世界的に拡大が危惧されている新型肺炎コロナウイルスに関して、セビリア、カタルーニャ州、マドリード州などで感染が確認され、感染者が12人に上った事が地元メディアの報道により27日分かった。

各地域で確認されている感染者は、テネリフェ4人、La Gomera(テネリフェ島に隣接する島)1人、バルセロナ2人、マドリード2人、カステジョン1人、セビリア1人、バレンシア州1人となった。

保健省当局に発表によると、セビリアでの感染者は会社経営者62歳男性で、中国やイタリアに渡航経歴はなく、またそのような地域に渡航した人物と接触をしなかったと発表している。 現在男性は隔離措置されている。

カタルーニャ州では、イタリア北部に渡航していたバルセロナ在住36歳イタリア人女性の感染確認後、同じくイタリアに渡航していたことのある22歳男性に感染が確認され隔離措置が行われているほか、25人が自宅隔離措置となっている。

テネリフェ島を含むカナリアス諸島では、イタリア国籍の医師と奥さんが2月17日よりスペインに旅行中気分が悪くなり検査を受けたところ、ウイルスに感染したことが発覚。 この他接触のあった人物など3人に感染が確認されている。 また、夫婦が宿泊していたホテル(H10 Costa Adeje Palace)を封鎖、700人以上(25か国)が隔離されているとメディアは報道している。

マドリード州では、イタリア北部に渡航していた24歳男性に感染が確認され、カルロス3世病院に搬送隔離されたほか、もう一人も感染が確認され隔離されている。

バレンシア州カステジョンのVila-Real市では、男性1人が感染。 La Plana病院で治療を受けている。

追記 新たにバレンシア州で1人の感染を確認。 感染者が13人になった。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください