スペイン・マドリードでコロナウィルス感染者2人を確認

マドリード州政府エンリケ・ルイス・エスクデロ保健相は26日、マドリード州で2人がコロナウィルスに感染したことを確認したと発表したことが、現地メディアの報道により分かった。

発表によると、いずれの感染も外国より持ち込まれたものと発表。 25日夜に患者の一人がPaz-Carlos三世大学病院に搬送・隔離、もう一人は24歳男性でイタリア北部に渡航歴があり、現在Fundacion Jimenez Díazに入院しており、間もなくCarlosⅢ世病院に搬送隔離される予定。

この他現在スペインではバルセロナでイタリア人女性36歳と、テネリフェでイタリア人医師と奥さん、一緒に旅行をしていた2人がコロナウィルスのウィルス感染を確認。 バレンシア州のカステジョンでも一人がウィルスに感染していることが確認されており、合計で8人。

この中でも感染が確認されたイタリア人医師が宿泊していたテネリフェのH10Costa Adeje Palaceでは、予防措置として国籍25か国、700人以上が隔離措置を受けていると報道されている。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください