カタルーニャ州独立派元州政府閣僚禁錮刑抗議デモ3日目 33人逮捕 105人が怪我

2017年10月1日にカタルーニャ州の独立を問う「違法な」住民投票および一方的な独立宣言(のようなもの:なぜなら宣言をしていないから)に関与したとして、スペイン最高裁判所より元独立推進民間組織会長らを含む元州政府官僚らへの実刑判決に抗議したデモ抗議が三日目の16日にカタルーニャ州各地域で発生。 バルセロナで約22.000人が参加(自治体警察発表)、この日の逮捕者は州各地で33人となり、警察官を含む105人が怪我を負ったことが、地元メディアの報道により分かった。

報道によると、デモ抗議3日目となる16日、警官46人が負傷、59人の市民が負傷したことが分かった。

この内35人がモススダエスクアドロ自治州警察官、11人が国家警察(ポリシアナショナル)だった。 これにより、月曜日からの抗議デモで怪我をした警察官の人数は194人となった。

また各地での逮捕者数は

バルセロナ 12人

レイダ 11人

タラゴナ 5人

ジローナ 3人

マンレサ 1人

ビラノバ・イ・ラ・ヘルトル 1人

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください