メキシコ気象庁雪を伴う嵐警報発出

メキシコ気象庁は現地時間18日3時、バハ・カリフォルニア州に降雪を伴う嵐が接近していると警報を発出した。

気象庁によると、北西方面から近づいている嵐は、今後3時間以内にサン・ペドロ・マリティール、ラ・ルモロサ、バハ・カリフォルニアで雪、チワワ、コアウイラ、ドゥランゴで大雨を降らすと予報。 

また、ヌエボ・レオン、タマウリパス、サン・ルイス・ポトシ、ケレタロ、イダルゴ、プエブラ、ベラクルス、オアハカ、ミチョアカン、コリマ、ハリスコなどでも降雪となる可能背があると発表した。

レーダー画像

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください