米国当局がバルセロナのランブラス通りでテロ発生の注意喚起を発出

米国国務省は23日、クリスマスから年末年始にかけて、バルセロナのランブラス通り周辺でのテロ発生の危険性が高いとし、人が集まる場所など特に注意するようツイッターで呼び掛けたことが分かった。

また、今月初旬にバルセロナを標的にテロ襲撃を呼び掛ける映像も拡散していた。 https://spain-press.com/2018/12/11/video-de-jihado/

あわせて読みたい

1件の返信

コメントを残す