メキシコで国会議員の娘が殺害され国会が一時中断

メキシコ現地メディアの報道によると8日、国会開催中に娘が殺害されたとの情報を受け取った議員が泣き崩れ国会が一時中断したことが分かった。

事件のあったベラクルス州のミゲランヘル・ユネス州知事が、連邦再生運動(MORENA)のカルメン・メデル・パルマ議員に対し娘が殺害されたことを報告。 議員は取り乱し国会が一時中断された。

議員の娘バレリア・クルスさんはシウダット・メンドーサのジムにいたところ、複数の発砲により殺害された。 この他にも同じジムにいた女性も殺害された。

捜査によると、犯罪グループのリーダーの結婚相手と「間違って」殺された可能性が高いと指摘しているとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す