カンタブリア州の教会で失われた天使の顔の代わりに絵が描かれていたことが発覚

ecce-homo-reinos
J. L. Sardina

スペイン北部カンタブリア州レイノサ県ペーニャス・アリバ通り8番(Calle Peñas Arriba, 8, 39200 Reinosa, Cantabria)のサン・セバスティアン・パリシュ教会で、失われた天使の顔の代わりに絵が描かれていたことが分かり、ボルハ教会の悪夢が再び(3度目)訪れたと話題となっている。

問題となった教会は16世紀に建てられた教会で、スペインの市民戦争時に8つある天使の顔のうち一つを紛失。 代わりに頬が真っ赤に染まった顔が描かれていることが分かった。

地元メディアによると、同教会は2011年に1万2千ユーロを費やしてカンタブリア州修復工房の元、修復作業が行われたため、この時にこの顔が描かれたのではないかと報じられている。

これに関して同教会のエドゥアルド・グアルディオーラ司祭は「この場所には天使がいたが、紛失してしまった。 この様にしたのは、バランスを崩さないようにするためで、修復が目的ではない。」と語り、記者会見などは行わない意向を示した。

PR


あわせて読みたい

コメントを残す