2018年版世界のベストレストラン50が発表 スペイン勢は7店舗 日本勢は3店舗

osteria francescana
英誌「レストラン」が主催する2018年版世界のベストレストラン50が発表された。

スペインからは7店舗、日本からは3店舗がベスト50に選ばれた。

2018年度世界のベストレストラン50で堂々の第一位に選ばれたのはイタリア・モデナのオステリア・フランセスカナ「Osteria Francescana」。 昨年は2位だった。

スペインのベストレストラン50圏内を受賞したのは以下の7店舗 (カッコ内は前年の順位)
2位 El Celler de Can Roca  スペイン・ジローナ (3位)
9位 Mugaritz スペイン・サンセバスティアン (9位)
10位 Asador Etxebarri スペイン・アシュペ(バスク) (6位)
18位 Disfrutar スペイン・バルセロナ (圏外)
31位  Arzak スペイン・サンセバスティアン (30位)
32位 Tickets スペイン・バルセロナ (25位)
43位 Azurmendi スペイン・ララベツ (38位)

また、日本のレストランでベストレストラン50圏内となったのは(カッコ内は前年の順位)

17位 傳(でん) 日本・東京 (45位)
22位 NARISAWA 日本・東京 (18位)
41位 龍吟 日本・東京 (圏外・52位)

1位から50位までのリストは公式HPを参照のこと。

筆者が務めるバルセロナのラーメン・ダイニング・遊は、一位を狙っていたにもかかわらず圏外となってしまった。

あわせて読みたい

コメントを残す