ベルギー司法当局が逃亡中のトニ・コミンらのスペイン受け渡しを拒否

スペイン通信社ヨーロッパプレスが伝えたところによると16日、ベルギー司法当局が同国に昨年11月から逃亡しているトニ・コミン、メリチェイ・セッラト、ルイス・プッチの欧州逮捕状によるスペインへの身柄引き渡しを拒否する判断を下したことが分かった。

報道によると、スペイン最高裁判所パブロ・ヤレナ裁判官による公的資金横領、反乱などの容疑で発令した欧州逮捕状に基づいた前カタルーニャ州官僚らの身柄引き渡し請求に関し、手続きに不備があったとし、ベルギー司法当局が3人の身柄引き渡しを拒否したとのこと。

これは、当初スペイン全国管区裁判所がベルギーに逃亡した前州首相を含む閣僚らに対し欧州逮捕状を発令し、その後スペイン最高裁判所がこの逮捕状を撤回。 今年に入ってから再度最高裁が欧州逮捕状を発令した際、不手際があり今回の欧州逮捕状に対する判断を下した。

この決定に対しベルギー検察当局は控訴しない構えを表明。

一方スペイン最高裁判所は、ベルギーの司法当局に対し「協力的ではない」と批判した。
PR


あわせて読みたい

コメントを残す