マドリード州クリスティーナ・シフエンテス州首相博士課程公文書偽造疑惑事件 ホアン・カルロス国王大学公法研究所副所長辞任へ

マドリード州クリスティーナ・シフエンテス州首相博士課程成績公文書偽造疑惑の件で、ホアン・カルロス国王大学公法研究所副所長ラウラ・ヌーニョが10日、個人的な理由により辞任したことが分かった。
PR


地元メディアの報道によると、ヌーニョ前副所長はシフエンテス州首相の博士課程修了証に署名をしていないと言明。 さらに、同州首相に対して授業を行ったこともないと発言した。
PR


ヌーニョ副所長は、現在大学内で行われている内部調査で全てが明らかになることを望むとしながらも、今回の疑惑により信用が失墜し、心情的にこれ以上大学にいることができないとの事。

あわせて読みたい

コメントを残す