英ザ・フットボール・アソシエーション(The FA)が「黄色いリボン」でグアルディオラに対し2万ポンド(約22,500ユーロ)の罰金

ヨーロッパプレスが報じたところによると、9日、英国のザ・フットボール・アソシエーション(FA)が、スペインに存在する政治犯の解放を求めるシンボルである「黄色のリボン」をつけ、政治的メッセージを配信したとのことで、グアルディオラに対し2万ポンド(約22,500ユーロ)の罰金を課したk十が分かった。
PR


「黄色のリボン」は、カタルーニャ州独立運動で全国管区裁判所より反乱・扇動・公的資金横領等の容疑で逮捕拘束されているカタルーニャ共和主義左翼(ERC)党首らの解放を望む意思表示として使われている。 逮捕拘束されている議員らは「政治犯」であり、不当に逮捕拘束されていると考える(カタルーニャ州独立派住民を中心に)住民らが胸に付けているもの。(因みにアムネスティ・インターナショナルは、スペインには良心の囚人(政治犯)は存在しないと公式発表している。)

黄色いリボンを胸につけることに関し、グアルディオラは「右派でも左派でも関係ない。 政治的問題に関するものではない。」「黄色いリボンはいつでもそこにある。 見えるか見えないかは関係ない。 さらに、プレスカンファレンスや、試合後であれば関係ない。」などと発言していた。
PR


これに対しFAマルティン・グレン会長は、黄色いリボンは「政治的な(メッセージを含む)シンボル」で「明らかにカタルーニャ州の独立のシンボルである。」と指摘。

あわせて読みたい

コメントを残す