ソーシャルネットワークでカタルーニャ州に駐在している警察官に侮辱・脅迫で2名を逮捕

国家警察(ポリシア・ナショナル)は17日、カタルーニャ州分離独立機運に端を発する州内に駐在する国家警察(ポリシア・ナショナル)、治安警察(グアルディア・シビル)に対し、重大な脅迫と侮辱をソーシャルネットワークで発言し続けていたとして2名を逮捕したことが分かった。
PR



ヨーロッパプレスの報道によると、逮捕された容疑者らは、国家安全保障隊に対する侮辱や脅迫をソーシャルネットワーク上で発言し続けており、例として
No merecéis vivir, putos guardias civiles y nacionales’
(治安警察(グアルディア・シビル)と国家警察(ポリシア・ナショナル)は生きる価値がない)
hay que ir a pegar fuego a los cuarteles de la Guardia Civil’
(治安警察(グアルディア・シビル)の駐在所に火をつけるべきだ)
などと発言していた。

警察当局は10月より捜査を開始、身元を割り出し今回の逮捕に至ったとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください