コスペダル防衛相 中央政府がカタルーニャ州政府へ脅迫したというのは「全くのでたらめ」

ドロレス・デ・コスペダル防衛相(中央政府)は17日、カタルーニャ共和主義左翼(ERC)マルタ・ロビラ幹事長がラジオ局RAC1で発言した「このまま独立を推進すれば死者が出る武力行使もありうる」という脅迫が中央政府からあったことに対し「全くのでたらめ」と否定した。
PR



カタルーニャ州ジローナ県サン・フェラン・デ・フィゲーラス城を訪れているコスペダル防衛相は報道陣に対しこのように語り、マルタ・ロビラ幹事長の発言を否定した。

あわせて読みたい

コメントを残す