ベルギー司法当局 カルラス・プッチダモン被告以下4名のスペインへの送還の判断を12月4日まで延期

ベルギー司法当局は17日、スペイン全国管区裁判所から発布された欧州逮捕状に基づくカタルーニャ州前首相カルラス・プッチダモン被告以下4名の前州閣僚のスペインへの送還の判断を12月4日まで延期したことが分かった。
PR



ベルギー司法当局に17日14時に出廷したカタルーニャ州前首相カルラス・プッチダモン被告及び前州政府閣僚4人は約1時間後陳述を終えた。

公判後前州首相弁護士ハウメ・アロンソ・クエビジャスは、報道陣に対し、「判事はスペイン全国管区裁判所から容疑がかかっている5つの犯罪のうち「公的資金など横領の容疑」に関して「汚職」はなかったと判断した。 しかしながら、書面による弁護に多くの時間がかかる可能性がある。」として、12月4日まで判断を延期したと発表した。

あわせて読みたい

コメントを残す