10-O 10月1日からカタルーニャ州外に脱出した企業1,300社以上に

通信社Efeが伝えたとこところによると、10月1日に行われたカタルーニャ州の分離独立を問う違法な住民投票後、10月20日までの間、カタルーニャ州外に本社の住所を移動した企業の数が1,302社に上ることが、スペイン登記会の調べで分かった。




20日金曜日はバルセロナから105社、ヘローナ県から6社、ジェイダ県とタラゴナ県からそれぞれ3社が州外に移転した。

この期間に最も多くの企業が住所を変更したのは10月19日木曜日の268社だった。




この1,302社のうち、バルセロナからは最多の1,165社、続いてジェイダ県から57社、タラゴナ県から55社、ヘローナ県から25社が移転した。

一方、反対にカタルーニャ州に移転してきた会社は54社となった。

あわせて読みたい

コメントを残す