1-O 国家治安警察がCTTIに再度家宅捜索 1-Oに関する電子メールを調査

中央政府治安警察(グアルディア・シビル)の捜査官3人が州営通信社CTTIに立ち入り捜査を実施、1-Oに関する電子メールを捜査していることが20日、分かった。

ヨーロッパプレスの報道によると、20日朝10時頃私服警官がCTTIに到着し警察手帳を提示したことが目撃されている。

カタルーニャ州高等裁判所の発表によると、今回の捜査はジェイダ地方裁判所の、10月1日に同州で行われた分離独立を問う違法な住民投票に関して、モススダエスクアドロ自治州警察が裁判所や検察からの「投票箱の押収」や「投票所の閉鎖」などの命令に従わなかった疑いがあることから、州政府機関や警官同士での連絡内容を捜査するため、家宅捜索の命令によるもの。

CTTIは1993年に州政府により設立された州営通信社であり、州政府機関に関する全ての公式情報ほか、緊急連絡情報、州政府が利用するパソコンのアプリケーション開発など、情報通信全般を担っている。

ジェイダ地方裁判所は州警察が命令違反している可能性があるとして、CTTIのほかレウス市の緊急コールセンター112などにも家宅捜索を実施していた。

これに対しCTTI労働者約50人が治安警察による家宅捜索に抗議するため施設前に集合した。

あわせて読みたい

コメントを残す