1-O 全国管区裁判所が自治州警察長官らを「扇動」の容疑で出頭命令

スペインの政治犯、テロ、国際犯罪組織などを扱う全国管区裁判所のカルメン・ラメラ判事は4日、モススダエスクアドロ自治州警察のジョセップ・ルイス・トラペロ長官及びテレサ・ラプラナ代表、カタルーニャ国民会議(ANC)のジョルディ・サンチェス会長、Onmiumのジョルディ・クイシャルト組長らを9月20日、21日、カタルーニャ政府経済省施設本部前での抗議活動を扇動した容疑で10月6日全国管区裁判所に出頭するよう命じたことが分かった。



これは、9月20日に治安警察(グアルディア・シビル)が、カタルーニャ州政府が実施した違法な独立を問う違法な住民投票を阻止するため、政府高官らを一斉検挙、複数の政府施設に立ち入り検査を行った際、州政府経済省施設前に多くの抗議住民が集まり、治安警察の警官らが約24時間施設内から出ることができなくなり、更に同警察(グアルディア・シビル)の車両3台が破壊され、一時中にあった武器も奪われたことを受けての事。

この際、自治州警察(モススダエスクアドロ)は、迅速な治安警察官の救出を怠った可能性があるとみられている。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。