バルセロナ自治大学の学生らが1-Oを呼び掛け高速道路を占拠 10キロの渋滞

ヨーロッパプレスによると28日、バルセロナ自治大学(UAB)で、独立派組合パイソス・カタランスに参加している学生らが高速道路AP-7を占拠、バルセロナからタラゴナ行方向で約10キロの渋滞が起こったことが分かった。



学生による高速道路の選挙は28日朝8時11分から8時40分ごろまで行われた。 情報によると、金曜日も続けて行われる予定。

カタルーニャ州交通局の発表によると、この大学生の抗議活動により、C-58道路が影響を受け8キロの渋滞と、B-30道路も3キロの渋滞が発生した。

このほか、バルセロナ市内の複数の箇所で学生による抗議活動が行われた。
下は、バルセロナ市内バルセロナ大学前広場1時ごろ

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。