カタルーニャ州高等裁判所が自治州警察、治安警察、国家警察に対し投票所の閉鎖を命令

カタルーニャ州高等裁判所は27日、自治州警察(モススダエスクアドロ)、治安警察(グアルディア・シビル)、国家警察(ポリシア・ナショナル)に対し、10月1日にカタルーニャ州政府により強行される予定の同州の分離独立を問う違法な住民投票(以下1-O)に関して、投票所の閉鎖を命令、カタルーニャ州検察局に対し、各警察体にこれ以上命令を出さないよう要請したことが分かった。



カタルーニャ州高等裁判所メルセデス・アルマス裁判官は28日、自治州警察、治安警察、国家警察らに対し、1-Oで使用される予定の公共施設などの使用を阻止し、投票所の閉鎖を命令。 もし開いた場合、中にある投票箱や投票用紙を押収し、即時閉鎖するよう命令を下した。 ただ、同州高等検察官が自治州警察にたいし出した命令である「立入禁止線を張る」という言文はなかった。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。