バルセロナ 2023年公共施設入場料大半は2022年と同じことが判明

バルセロナ市議会は28日、来年の公的機関などの入場料の大半を値上げしないと決定したことが分かった。

同市の発表によると、バルセロナ動物園、ティビダボ公園遊園地、グエル公園などを運営する公営企業(B:SM)の来年の入場料を発表、多くで据え置きということが分かった。

グエル公園入場料 10ユーロ(6歳以下無料) 

ティビダボ公園遊園地 35ユーロ(大人) 

バルセロナ動物園 21.4ユーロ(大人)

BICINGも同様に値上げはしないで、通年パス50ユーロ、もしくは1年利用料35ユーロと据え置き。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中