スペイン 新型コロナウイルス 週末新たに32,607人が感染 複数の自治州で営業規制強化の動き

スペイン保健省が5日に発表したところによると、この週末で新たに新型コロナウイルスに感染した人が32,607人に上り、先週と比べて2万2千人ほど増加したことが分かった。 

先週月曜日に発表された(週末に新たに感染した人の)数字は、10,179人だったが、本日発表された数字は32,607人と、約2万2千人増加。 これにより、スペインでは累計で3,866,475人の新型コロナウイルス感染者数となった。

また、過去14日間による人口10万人に対する感染者数がスペイン国内平均で204.16人となり、先週の152.82人から大幅に増加。 (政府が定めるRiesgo Altoは150人) また、カタルーニャ州バルセロナ県(市ではない)に至っては265.35人と、スペイン国内で最も感染者率が高くなっているほか、カタルーニャ州全体でも439.81人と平均の二倍以上となっている。 その次に感染者率が多いのはカンタブリア州で304.34人、ナバーラ州が241.99人でワースト3。

入院患者数

保健省が発表したところによると、現在スペイン国内で新型コロナウイルス感染による入院患者数は2,723人。 そのうち586人が集中治療室を利用している。  この24時間で新たに380人が入院、163人が退院。 通常病床の占有率は2.26%(先週金曜日は1.99%だった)、集中治療室占有率は6.73%(先週金曜日は6.39%だった。)

各自治州政府の対応

感染者数拡大に伴い、各自治州政府は飲食店や夜の営業規制強化を模索し始めている。 7月5日時点で分かっているのは以下の通り。

アンダルシア州
州政府専門家委員会が緊急会合を明日開催。 警戒体制を視野に入れた規制を模索する模様。

カンタブリア州
先週金曜日から16の自治体においてクラブハウスなどの夜に営業する業種の休業命令を発出。

カスティーリャ・ラ・マンチャ州
現在のところ新たな規制措置は考えていないと発表。

エストレマドゥーラ州
Malpartida de Plasencia , Torrejoncilloを今週だけ閉鎖。

バレアレス州
マヨルカ島のMagaluf、イビサ島のSant Antoni de Portmanyにあるレストランとバルに対し入場制限。

バレンシア州
感染者数の推移を注視し、新たな規制を視野。

ナバーラ州
クラブハウスやバルなどは1時に閉店。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください