スペイン 夜間外出禁止令発令中 5月31日までだったERTEの9月30日まで延長を提案

地元メディアの報道によると6日、スペイン中央政府は本日開催された中央政府と企業組合等の代表らとの会議で、新型コロナウイルスによる特別休業手当(レイオフ・ERTE)を4か月延長することを提案したことが分かった。

現在のERTEは5月31日に終了し、国内の企業は来月から全ての労働者を現場に戻さなければならなかったが、今回の提案により、それが9月末まで延長される可能性がでてきた。 これにより現在ERTEを受給している労働者63万人以上が影響を受けることになる。 

このほか、中央政府内閣は必要に応じてERTEを12月31日まで延長することも視野に入れているとのこと。

スペイン中央政府は今回の新型コロナウイルス特別ERTEの政策により多くの失業者を出さずに済んだ事に対し非常に評価している一方、その政策による莫大な経済的コストも認識しており、昨年この特別ERTEのために400億ユーロ(約5兆2,576億円)を計上していた。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください