カタルーニャ州 夜間外出禁止令発令中 パブロ・ハセル逮捕抗議デモ4日目 4日連続で暴徒化 銀行のガラスを割り侵入など

王室や軍、警察などを侮辱し、テロ行為を呼び掛けるような文言を歌やSNS等で発言し、侮辱罪などで9か月の禁錮刑を全国管区裁判所から言い渡され、16日朝に逮捕拘束されたスペイン人ラップ歌手のパブロ・ハセル(芸名)逮捕を表現の自由を侵害するものであるとしてカタルーニャ州を中心に4日連続発生している抗議デモで、本日も一部が暴徒化し、ゴミコンテナーや銀行のガラスなどを割るなどした。

4日目(19日)に行われたデモ集会は、初めの方は平和的に行われたが、20時頃ライエターナ通りの国家警察庁舎前に来ると、ガラス瓶などを投げ始めた。

その後20時30分ごろからデモ隊はモススダエスクアドロ自治州警察が設置したバリケードなどを破棄し始め、ゴミコンテナーやボルン地区のラ・カイシャ銀行のガラスを割りオフィス内部に侵入などした。

19日に3人が逮捕されたとのこと。(23時現在まで)

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください