スペイン 夜間外出禁止令発令中 金曜日から月曜日までに新型コロナウイルス感染者数新たに93,822人

スペイン保健省が25日月曜日に発表したところによると、新型コロナウイルスに感染した人が、先週末から月曜日にかけて新たに93,822人増加したことが分かった。 これは先週の84,287人より約1万人多い数字。

保健省が発表したところによると、24時間で新たに7,698人が感染、週末だけで93,822人の新たな感染者を確認。 累計感染者数は2,593,382人となった。 また、過去2週間での10万人に対する感染者数は884.7人で、2週間で新たに感染した人数は416,042人となった。

人口10万人に対する感染者数が一番多いのがエストレマドゥーラ州の1,381.37人、次いでムルシア州で1,371.91人、カスティーリャ・ラ・マンチャ州が1,51.80人と続く。 また、マドリッド州は946.53人、カタルーニャ州は639.67人、バレンシア州は1,339.67人。

現在スペインでは合計30,483人が新型コロナウイルスにより病院に入院している。 さらに、集中治療室で治療を受けているのは4,284人。 過去24時間で2,842人が入院し、2,685人が退院している。

病床占有率は徐々に上昇しており、現在23.94%。 一方集中治療室は40.38%となっている。

この一週間で新型コロナウイルスにより入院したのは7,126人。 そのうちアンダルシア州で1,134人、アラゴン州で498人、アストゥーリアス州で332人、カタルーニャ州で373人、バレンシア州で1,184人、マドリッド州は296人だった。 また一週間で集中治療室を利用したのは合計で576人。

新型コロナウイルス感染拡大抑制政策により各自治州政府が移動制限や休業命令等を月曜から強化。 自宅での集まりも規制している州も出てきている。 また、報道によると、現在までに新型コロナウイルス感染拡大抑制政策により飲食店の約8万社(店舗数ではない)が経営破綻に追い込まれたと報道されている。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください