スペイン 警戒体制発令中 クリスマスおよび年末の外出規制等を発表 1時から外出禁止 集会は6人まで

地元メディアの報道によると24日、新型コロナウイルス第2波感染拡大抑制政策として24日から25日にかけて、年末から年始にかけての外出規制草案が明らかになった。

報道によるとスペイン中央政府は、12月25日(24日深夜)と1月1日(大晦日)の夜間外出禁止令を01:00から06:00までを想定、また、両日ともに自宅などで集まり人数を6人までと「要請」するとのこと。

このほか、この期間家族や同居人以外と集まってパーティーなどを行う場合、最大6人で、屋外(壁が2枚以下の場所)で行うよう要請する模様。

さらに、不要不急の旅行を自粛するよう要請するとともに、屋内で集まる場合は窓を開けるなどして換気を徹底するよう求める方針。

現在スペイン中央政府は新型コロナウイルス第2波感染拡大抑制政策として6Mを市民に呼び掛けている。 6MとはMascarilla(マスク)、Mano(手:手をよく洗う)、Metros(距離:メートル)、Maximizar Ventilación(換気の徹底)、Minimizar número de contactos(他車との接触を最低限にする)、Me quedo en casa si síntomas, diagnóstico o contacto(症状がある場合、もしくはそのような人と接触した場合、自宅隔離をする)の6つ。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください