今週日曜日冬時間へ 3時が2時になり1時間多く寝られる

今週25日日曜日に夏時間が冬時間に代わり、3時が2時となるため1時間多く寝ることができる。

サマータイムは2019年3月26日に欧州議会が「サマータイム廃止法案」を可決。 欧州各国は2021年4月までに夏時間か冬時間を採用しなければならない。

因みにスペインの標準時間に関して、日の出と日の入りが他国より1時間から3時間ずれている理由は、マドリード大学のホセ・マリア教授によると、第二次世界大戦時、欧州大陸の国々はドイツの爆撃機や軍の任務などの理由からベルリンの時間に合わせていた。 大戦後、イギリスやポルトガルなどは標準時を戻したが、スペインではフランコ独裁政権時に標準時を戻さなかったと説明している。 従って、日の出日の入りを鑑みた標準時間は、イギリス、ポルトガルに合わせるべきであると、同教授は指摘している。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください