スペイン コロナウイルス 週末だけで8千人以上の感染者(先週末は12,292人)新たな外出制限措置の視野を維持

地元メディアの報道によると、8月7日金曜日からの3日間で約8千人の新たな新型コロナウイルス感染者を確認したことが、中央政府厚生省の発表により分かった。

また、日曜から月曜の24時間で約1,486人の新たな感染者が確認された。 但し、現在各自治州厚生省が独自に感染者数を計上している為、中央政府厚生省と各自治州厚生省の数に齟齬があり、特にカタルーニャ州の感染者数に大きな開きがある。

新型コロナウイルス第2波の懸念を受け、フェルナンド・シモン対策本部長は10日月曜日、必要な地域は新たな外出制限措置も視野に入れており、多くの地域でそれらの地域の裁判所は、必要であれば外出制限措置を許可していると指摘した。

更に、感染拡大が危惧されているアラゴン州サラゴサ市において、中央政府防衛省は感染拡大阻止のため軍の派遣をアラゴン州政府に申請、今週14日までに現地の大学病院近くに25床以上を擁する臨時病院を設営する予定。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください