スペイン 6月の失業者数3,862,883人(失業保険申請ベース) 5月から5,107人増加

スペイン公共雇用機構SEPE(旧INEM)は2020年6月の失業保険申請ベースによる失業者数を3,862,883人と発表した。 5月から5,107人(0.13%)増加、前年同月比では28.09%の増加。

スペインでは1月から7月にかけて失業者数が減少する傾向にあるが、今年は新型コロナウイルスによる影響で3月から6月まで急激に失業者数が増加。 6月としては2008年以来最大の増加数となった。

5月から失業者が増加した自治州はアンダルシア州(11,009人増加)、カナリアス諸島(640人)、カタルーニャ州(1,870人)、バレンシア州(16,279人)等。 逆に減少したのはアラゴン州(2,069人減少)、C・ラ・マンチャ(6,212人減少)等。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中