(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス  老人介護施設の利用者の死亡者が全体の約60%だったことが明らかに

地元メディア(エウロパプレス)の報道によると、コロナウイルスによる死亡者のうち、約60%の人が老人介護施設を利用していたことが明らかになった。

コロナウイルスの死亡者数は14日の報告で18,056人。 このうち老人介護施設を利用していた人は10,696人で、約60%とのこと。

自治種別に見ると、マドリード州が最多の4,250人。 次いでカタルーニャ州が1,898人となった。 最も低かったのはカナリアスの8人、バレアレスの36人。

割合で一番多かったのはエストレマドゥーラ州で、334人中287人(約86%)

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください